福井ミラクルエレファンツの球団公式サイト。リアルタイム試合速報、スケジュール、チケット情報、ニュースなどを掲載。


イベントレポート一覧へ戻るイベントレポート

福井テレビ スポーツフェス2018に参加2018/11/11 twitterにこのエントリを登録このエントリをはてなブックマークに追加Google Bookmarks に追加このエントリをdel.icio.usに登録このエントリをlivedoorクリップに登録このエントリをBuzzurlに登録

大縄跳び大縄跳び

3200mで廉都選手が次のチームへバトンパス3200mで廉都選手が次のチームへバトンパス

準優勝に輝きました準優勝に輝きました

「福井テレビ スポーツフェス2018」が11月11日(日)、9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催され、荒道選手、西選手、塚田選手、中村選手、廉都選手、木内選手の6選手と女性ボランティアスタッフ2人で「福井ミラクルエレファンツ」チームとして参加しました。

同フェスは今年が初の開催で、昨年まで行われていた「レディース駅伝」に代わるイベントで、企業や同好会など全64チームが集結。各チームは2人以上の女性を含む8人以上で構成され、チーム対抗競技5種目、8チームが協力するブロック対抗競技2種目の総合得点で争われました。

初めに行われたのはチーム対抗競技のうち個人種目。木内選手が男子50m走で2位、ボランティアスタッフも女子50m走で3位、走り幅跳びで中村選手が5位、荒道選手がボール投げで1位と、いずれも上位でチームに勢いをもたらしました。

次に行われた大縄跳びではチーム全員が参加。塚田選手と廉都選手が縄を回し、他の選手らが息を揃えて跳びましたが、結果は4回と苦戦。しかしここまでで総合4位と、まだ首位を狙える位置につけました。

最後に行われたブロック対抗競技の台風の目と3200mリレーでは、選手らが快足を披露し、8ブロック中1位に。特に3200mリレーでは、最下位から逆転での1位に大きく貢献しました。

個人、チーム、ブロックの各競技の得点の結果、準優勝に輝きましたが、首位と1点差とわかった選手たちからは「悔しい」という声が漏れました。

同フェスの模様は、11月25日(日)12:00より福井テレビにて放送される予定です。

一覧へ戻る

  • 福井新聞社
  • ハニー
  • 100満ボルト
  • NTT西日本
  • マクドナルド
  • 福井ヤナセ
  • 清水コンクリート
  • システム研究所
  • 株式会社 法美社
  • マルツ電波
  • 新田塚アーク
  • 税理士法人 アイ・タックス
  • 北陸電力
  • ホクシン
  • アストリション
  • ふくいドットコム
Google
WWW を検索
サイト内検索

このページの先頭へ